給湯器

エコロジーを意識する

一体的に作成された家具について

ソファーなど、布を使用している家具については、構造部分に問題がなくても、布部分の劣化が早く進行することがあります。その際には、布部分の張り替えなどが必要となるのですが、これは簡単ではありません。ソファーなどの家具を作る際には、布部分と構造部分などを一体のものとして捉えて作業するので、もともと、布部分をあとから張り替えるということは、想定していないからです。実際には、張り替えが必要になるとしても、その際には、ソファーを新しく作るときのような技術が必要になります。そのため、取り扱い業者などが限られ、作業に、時間もお金もかかることになってしまうのです。家具の低価格化が進行すると、このような作業は敬遠されがちとなるのです。

リサイクルを想定した家具について

一方、近年ではエコに対する関心が高まるとともに、家具についても、作成の段階から、エコを意識した作業が行われるようになってきています。具体的には、布部分と構造部分などの、処理方法が異なる部分については、取り外しが比較的簡単に行えるようにデザインされているのです。これを、ソファーの張り替えについて考えてみると、布部分を取り外したり、新しいものに張りなおしたりする作業が、比較的に楽に行えるようになってきているということです。そこで、このようなエコを意識した家具などでは、交換や補修についても手間や時間が節約できるようになるので、低価格の家具であっても、交換補修のニーズと同時に、取り扱い業者も増えてくると考えられるのです。